神奈川県在住又は神奈川県へ許認可申請される方の 「・・・したいをお手伝いする」 行政書士事務所です。

建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステム:情報登録から運用までの手続き

「建設キャリアアップシステム (CCUS:Construction Career Up System)」は、建設業の発展のため、建設業を支える優秀な担い手を確保・育成していくため構築されました。技能者ひとり一人の就業実績や資格を登録し、技能の公正な評価、工事の品質向上、現場作業の効率化などにつなげるシステムです。
建設キャリアアップシステムは、事業者と技能者の双方にメリットがあります。

事業者 : ・経営事項審査で加点(2020年4月〜予定)
   ・現場管理の電子化による効率化 等
技能者 : ・資格や職歴等の能力・経験の記録蓄積
  ・技能レベルの公的証明 等
CCUS説明図
出典:図は 国土交通省資料 (http://www.mlit.go.jp/common/001239789.pdf) より。

参照:一般財団法人 建設業振興基金 「建設キャリアアップシステム」
[本サイトで青色文字の部位をクリックすると、該当URLが開きます。]

 

 「建設キャリアアップシステム(CCUS)」への情報登録からその運用までの手続きの流れを、以下に示します。弊所では、ワークフローに示す以下の業務を取り扱っております。
  「事業者」情報の新規・変更・更新登録申請
  「技能者」情報の新規・変更・更新の事業者代行登録申請
   CCUS運用情報の新規・変更登録申請
   CCUS運用のコンサルティング

 

 本サイトでは、基本的なワークフローを示すことに主眼を置きました。細部については、お客様との面談にて、お話を詳しくお聞きしながら提示いたします。
 面談内容を受けて、業務の内容・報酬額等を無料で見積もりいたします。その内容にご同意いただければ、契約書等を取り交わした後、業務に着手させていただきます。先ずは、ご相談いただけますようお願い申し上げます。


 
 

 

弊所は、 『行政書士建設キャリアアップシステム研究会』(通称 キャリ研) 会員です。
『キャリ研』は、登録代行や運用コンサルティング等、CCUSに関する業務を専門に
行う行政書士集団であり、建設業者様のお困りごとに的確・迅速に対応できるよう
研鑽しています。建設業者様が、CCUSを正しくかつスムーズに導入していけるよう
代行・支援いたします。

 

 

注)『キャリ研』会員は、建設業関連行政手続に精通したプロの行政書士集団
  「神奈川建行協」会員の有志です。

 

登録促進 優遇処置

区分 優遇項目 内 容
事業者 管理者ID利用料

2020年3月まで無料 (2020年4月以降は課金)。
※2020年3月までの登録事業者には、管理者人数分の
 ID利用料が2020年5月に請求される。
  請 求 額 :2,400円/ID×管理者人数分
  利用期間:2020年4月〜2021年3月までの1年間

技能者 60歳以上登録料

2023年3月までのインターネット新規登録申請は、
500円引き(2,000円 ← 2,500円)

60歳以上有効期間 新規登録・更新とも有効期間15年 (← 通常10年)

 

【「建設キャリアアップシステム」 情報登録 → 運用】のワークフロー

 本ワークフローは、全工程を一葉で示すようにしたため、通常では文字等のサイズが小さくなっています。拡大による画質の劣化はありませんので、お手数ですが、細部は、パソコン等の拡大機能を用いて ご確認をお願いいたします。
建設キャリアアップシステム_登録から現場運用への流れ_20191013
(注-1) 料金 (消費税込) は 「(1)+(2)1人分」 。 (1) 事業者登録料 (5年ごと) (2) システム利用料  @ 管理者ID利用料 (毎年)    2,400円 × ID数   ※管理者IDは 事業者登録完了後 増加設定可。    最低限1人は設定が必要。  A 現場利用料 (毎年)    3円 × 技能者の就業履歴回数   ※ 元請として現場を登録する事業者に課金   ※ 就業履歴回数=現場に入場する人数×日数(注-2) 支払い方法は、以下の3通り。 (1) クレジットカード:1回払い (2) 払込票:ゆうちょ銀行で振替 (3) 払込票:コンビニエンスストアで支払い       (フロー中ではコンビニと記載) ※(3)は 30万円未満のみ対応 ※(3)は 技能者情報登録では手数料が発生承認要請承認情報登録※ 建設キャリアアップシステムを、以下 CCUS という。 (注) CCUS:Construction Career Up System※ CCUSでは、「一人親方」は 請負としての働き方をしている場合に限ると定義。また、「一人親方」は 、「事業者」・「技能者」両方の情報登録が必要※ 本フローは、インターネット申請のフローである。 以下の代行申請 (元請・上位下請事業者事業者等による登録申請) は記載していない。                          (1) 事業者情報登録の代行申請, (2) 技能者情報登録の技能者所属事業者以外の代行申請《この列の 枠内 記載事項は、弊所対応業務》技能者〈添付書類準備〉D以外撮影後返却@ 本人確認書類 (運転免許証等) (注1)A 個人情報の取り扱い同意書 (注2)B システム利用規約同意書 (注2)C 顔写真データ (パスポート?カラー)D 住民票 (通称名記載する場合)E戸籍謄本 (旧姓記載する場合)F 健康保険加入証明書類  (被保険者証等) (注3)G 年金保険加入証明書類 (年金手帳等)H 雇用保険加入証明書類 [該当者]  (雇用被保険者証等)I 労災保険特別加入証明書類 [該当者]J 卒業証明書 [該当者] (注4)K 登録基幹技能者講習修了証 [該当者]L 保有資格証明書類 [該当者]M 研修等受講履歴証明書類 [該当者]N 表彰等証明書類 [該当者](注1) @氏名, A顔, B現住所, C生年 月日が確認できること。(注2) 技能者が未成年の場合、法定 代理人(親権者等)の署名と関係証明 書(戸籍抄本等)が必要。(注3) 建設国保や国民健康保険の場合、 「健康保険被保険者適用除外承認証」 又は「国民健康保険組合加入証明書」 が必要な場合がある。(注4) 実務経験で主任技術者・監理 技術者となる場合に添付する。 この場合でも、建設業法施行規則 第1条に定める指定学科に該当しない 場合は、添付不要。 ----------------------------------〈添付不要項目の調査・確認〉@ 緊急連絡先A 健康診断受診年月日B 職 種C 建設業の経験 (例:とび工事を5年) 事業者〈添付書類準備〉撮影後返却@ 個人情報の取り扱い同意書A システム利用規約同意書B 事業者確認書類 (注1)C 資本金確認証明書類 (事業税の確定申告書等) (注2)D 健康保険加入証明書類 (納入告知書 納付書・領収証書等)E 年金保険加入証明書類 (Dと同様等)F 雇用保険加入証明書類 (雇用保険証明書等)G 退職金制度証明書類 (契約者証等)H 労災保険特別加入証明書類 [該当者](注1) 直近に「建設業の許可」の変更 届出を提出している場合は、変更 届出書が必要。(注2) 建設業者は、基本不要。 ----------------------------------〈添付不要項目の調査・確認〉@ 建設以外に営んでいる業種 (例:設計・コンサル, 測量 等)A CI-NETコード [該当者]  (CI-NET:Construction Industry NETwork)B 電子証明書 [該当者/申請推奨項目]C 主要取引先 [任意調査項目]D 表彰履歴 [任意調査項目]E 所属団体 [任意調査項目]本人申請するか?YES申請用ログインID・初期PW 取得NO申請用ログインID・初期PW 取得初回申請ログイン時PW変更(必須)・記録(登録完了まで使用)情報入力・証明類写し添付・申請※初回のみ申請番号を記録(支払い・問い合わせに必要)(修正時は同じ申請番号)CCUSにログインし、支払い依頼メールに記載の料金(注-1)の支払方法を選択(注-2)建設業振興基金審査OK?NO〈指示に従い修正〉※不備箇所に不備内容 と訂正方法が記載YES支払いは払込票?YES払込票受領後ゆうちょ又はコンビニで支払いNOログイン状態でクレジットカードで支払い建設業振興基金が入金確認 登録責任者にメールで通知 (1) 事業者ID (2) 管理者(登録責任者)ID (3) PW(初期パスワード) (4) セキュリティコード登録管理責任者に修正指示メール事業者登録内容確認※ 初回ログイン時PW変更(必須)・記録代行申請同意書作成し事業者に依頼初回申請ログイン時PW変更(必須)・記録(登録完了まで使用)技能者情報代行申請(事業者が事業者ID でログインし登録)情報入力証明類写し添付内容確認後、申請ボタンをクリック料金2,500円(10年ごと)の支払方法を選択(注-2)建設業振興基金審査OK?NOYES支払いは払込票?YESNOログイン状態でクレジットカードで支払い建設業振興基金が入金確認技能者にメールで通知 (1) 技能者ID (2) ログインID (3) PW(初期パスワード) (4) セキュリティコード申請者(注-3)に修正指示メールコンビニ支払いを選択※受付番号を記録〈指示に従い修正〉※不備箇所に不備内容 と訂正方法が記載(注-3) 技能者情報登録 申請者は、以下の通り。 (1) 本人申請時:本人 (2) 代行申請時  @ 事業者責任者 :事業者ID又は管理者ID  A 代行登録担当者:事業者登録完了後設定可能申請番号確認※初回のみ申請番号を記録(支払い・問い合わせに必要)(修正時は同じ申請番号)払込票受領後ゆうちょ又はコンビニで支払い事業者にメールで通知 (1) 申請番号 (2) 技能者ID (3) 技能者氏名 経験や保有資格等「登録情報」に変更はあるか?(注-6)変更発生の都度随時変更登録申請 (無料) 技能者宛て、 指定送付先住所に 簡易書留で配達 ・CCUSカード〈CCUS 事業者情報 変更申請代理・相談〉 [ref. 行政書士法第1条の2及び第1条の3第4項,   「建設キャリアアップシステム」 登録申請書]社会保険加入等「登録情報」に変更はあるか?変更発生の都度随時変更登録申請 (無料)※管理者IDを追加する とシステム利用料が 発生〈CCUS 事業者/技能者情報 新規申請代理・相談〉 [ref. 行政書士法第1条の2及び第1条の3第4項,   「建設キャリアアップシステム」 登録申請書]〈CCUS 技能者情報 変更申請代理・相談〉 [ref. 行政書士法第1条の2及び第1条の3第4項,   「建設キャリアアップシステム」 登録申請書] 元請?YES現場・契約情報の登録 (注7)1. 現場情報 [必ず登録] 現場名 組織情報 現場連絡先 現場事務所情報  (住所・電話番号など) 現場管理者 就業履歴蓄積期間 発注区分 有害物質の取扱いの有無2. 契約情報 [必要に応じて] 契約工事名称 施工場所情報  (住所・電話番号など) 発注者名 受注形態 請負金額 契約工期 労働保険番号3. 工事情報 [必要に応じて] 工事区分 コリンズ登録 建築確認番号 工事内容 工事概要・特殊条件など※現場ID,現場管理者IDが 付与される。 ・システム利用料は無料 ・ログインID・PW・セキュ  リティコードを受領 ※現場管理者IDの複数登録 が可能。NO(注-6) 技能者情報 変更申請時の注意点 (1) 所属事業者先の変更時  社会保険等加入状況は、改めて登録が必要。 (2) カード券面や色に関わる変更時   ・改姓等氏名の変更   ・登録基幹技能者等の資格情報の変更  @ 新規カードを発行するかどうか選択可能  A 現在使用しているカードはそのまま使用可能(注-4) 組織情報 事業者責任者を第1階として、第3階層まで登録 できる。ここで設定する管理体制は、CCUSを 利用するための体制であり、実際の組織体制と 異なるものでも構わない。(注-5) 各階層の管理者 (1)各階層の管理は、上位の管理者が管理可能  第2層・第3層の管理者を設定せず、第1層管理者  が管理することができる。 (2)階層内・階層間の管理者の異動時は削除・登録  階層を越えて利用することはできないので、  異動元の管理者情報削除と異動先での新規登録  が必要。技能者登録内容確認※ 初回ログイン時PW変更(必須)・記録(注-7) 現場・契約情報の登録 (1) 現場ID  登録する「現場名」に「現場ID」が付与される。  この「現場ID」に、就業履歴及び施工体制台帳が  関連付けされるので留意して登録すること。 (2) 登録項目  登録する項目は個別に「表示」・「非表示」設定が  できる。ただし、「現場名」・「現場ID」・「発注区分」  「有害物質の取扱いの有無」の項目は必ず「表示」。  なお、「現場名」は任意の名称(工事看板での名称  など)で登録することができる。 (3) 組織回送の変更・修正  一度登録された「現場・契約情報」の組織階層の  変更や修正は、できない。削除・新規登録が必要。 ※就業履歴がある現場・契約情報は削除不可組織情報登録自社に合わせたCCUS利用管理体制を登録 (注-4)。[登録情報] ・第2階層:支社・支店など ・第3階層:支店・部門など ・各階層の管理者 (注-5)※追加管理者を申請すると、 ・システム利用料が発生 ・ログインID・PW・セキュ  リティコードを受領 施工体制登録 (現場毎)1. 下位事業者の編成運用情報登録施工体制登録 (現場毎)2. 技能者名簿の作成 (作業員登録) [各事業者ごとに作成] (1) 就業内容 職種 作業内容 立場 (注-8) 有害物質の取扱い 特殊健康診断 (2) 保有資格 (3) 就業履歴を蓄積する   施工体制の指定施工体制登録 (現場毎)1. 元請施工体制の承認下請事業者はいるか?YESNO施工体制登録 (現場毎)1. 2次下請事業者の編成承認要請承認以降繰り返し〈CCUS 運用情報登録 申請代理・相談〉 [ref. 行政書士法第1条の2及び第1条の3第4項](注-8) 「立場」の区分 (1) 職長  職長および職長の直近下位に配置され、複数の  班を束ねる者 (2) 班長  職長以外の者であって、複数の班や技能者を  束ねる者 (3) 技能労働者  職長・班長以外の技能者現場の準備 (現場毎)− 就業履歴管理システム構築 −1. インターネット接続環境整備 (1) パソコンの場合 LAN 又は Wi-Fi (2) iPad/iPhoneの場合 Wi-Fi 又は 4G(LTE)2. 「建レコ」インストール機器整備 パソコン・iPad・iPhoneの準備と 就業履歴管理アプリ「建レコ」の インストール3. カードリーダー設置 指定カードリーダー4. セキュリティ処置等 情報の漏洩・紛失等を防止する ため、盗難防止やトークン配備 等セキュリティ処置を実施現場での就業履歴蓄積 (技能者)就業履歴承認 (元請)現場運用情報の閲覧と出力帳票〈情報の帳票印刷・閲覧〉1. 技能者情報(社保加入状況) @ 技能者個別 A 所属技能者一覧 B 所属技能者統計情報 C 施工体制登録技能者一覧2. 就業履歴 @ 技能者個別 A 所属技能者一覧3. 事業者情報(社保加入状況) @ 事業者個別 A 自社一覧 B 施工体制登録事業者一覧4. 現場・契約情報:元請のみ @ 現場・契約情報 A 自社に関する現場一覧 〈安全書類の帳票印刷〉1. 施工体制台帳(社保加入状況) 作成:元請/共有:1次下請2. 施行体系図 作成:元請/共有:施行体系図記載事業者3. 施行体制台帳 (工事担当技術者入り) 作成:元請/共有:施行体系図記載事業者4. 下請負業者編成表 作成:1次下請/共有:下請負業者編成表記載事業者・元請5. 事業者別再下請負通知書 (社保加入状況) 作成:1次下請/共有:当該下請より上位の下請・元請6. 事業者別作業員名簿 作成:1次下請/共有:当該下請より上位の下請・元請7. 事業者別作業員名簿 (社保加入状況) 作成:1次下請/共有:当該下請より上位の下請・元請 @ 社保入ガイドライン等で示されている様式 A 全建統一様式第5 号〈CCUS 運用 相談〉 [ref. 行政書士法第1条の2及び第1条の3第4項]現場への入退場時カードリーダーにタッチ現場登録・設備セット
トップへ戻る